暮らしのほとり舎オンラインショップ トップページ
  • HOME
  • >
  • Kitchen
  • >
  • 角鍋 (小・大)[鈴木盛久工房]

鈴木盛久工房  角鍋 (小・大) / すき焼き鍋 / 鉄鍋

すき焼きに最適な平型鉄鍋。グリル料理や煮込み料理にも <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

“すき焼き”に最適な平型鉄鍋

南部鉄器の老舗・鈴木盛久工房の角鍋です。
高温で溶かした鉄を型に流し込んで作られる鋳鉄鍋は、
厚手で蓄熱性や熱伝導率が高く、油なじみがよいのが
特徴です。
 
こうした肉厚の鉄鍋は、一度熱すると鍋の温度を
一定に保ってくれるので、継ぎ足して食材を入れても
温度が下がりにくく、すき焼きにぴったり。
 
サイズは「小」と「大」の2種類。「小」は1~2人用に、
「大」は3~4人用でのご使用がおすすめです。

商品詳細(クリックすると拡大します)

しっとりとした黒色と無駄のないシンプルなフォルムが相まって、どこかモダンな印象の鋳鉄鍋。
どっしりとした中に、やわらかい丸み感もあり、こだわりの感じられるひと品です。高級感のある化粧箱入りですので、
結婚祝いや新築祝いの贈り物にもよさそうです。持ち手は取り外しが出来ますので、収納もコンパクトに。
保温性に優れた鉄鍋ですので、すき焼きだけでなくグリル鍋としてもおすすめです。
焦げ付きにくく、香ばしく焼き上げることができますので、焼きおにぎりも美味しく仕上がります。

”保温性”に優れた厚手の鉄鍋 (角鍋) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

厚みは約4mm。厚手の鉄鍋は「熱を蓄える力」が
大きく、一度加熱してしまえば後は弱火で調理する
ことも可能なので、すき焼きだけでなく、グリル料理
や煮込み料理などにもおすすめです。
肉料理の場合は、余熱によって中までしっかりと
火を通すことができるので柔らかく仕上げることが
できます。盛り付けの間冷めないのも、保温性に
優れた鋳物鍋の魅力のひとつ。

グリル鍋にもオススメです (角鍋) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

鋳物の鉄鍋は、砂型に鉄を流し込んで作られるため、
表面に無数の小さな穴があります。この細かな凹凸に
よって油とよくなじみ、熱を均一に伝えてくれるので、
焦げ付きにくく、また香ばしく焼き上げることができます。
これはフッ素加工の鍋にはない、南部鉄器ならでは
の特長です。ずっしりと重厚感があり、少々扱いにくい
ところもある鉄鍋ですが、その分、調理中に鍋が動き
にくく安定感があります。

持ち手(鉉)の取り付け方について (角鍋) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

角鍋 (すき焼き鍋・鉄鍋) サイズ展開 バリエーション <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

角鍋(すき焼き鍋・鉄鍋) サイズ比較 <鈴木盛久工房>

ギフトラッピングについて

1ラッピングにつき「350円 (税込)」にてギフトラッピングを承っております。
 
ご希望の方は、ギフトラッピングページに記載の内容をご確認・ご了承の上、ラッピング商品と「ギフトラッピング (Gift Wrapping)」をそれぞれカートに入れ、合わせてご注文ください。
 
通常よりも発送までにお時間を頂戴致しますので、お届けまで余裕をもった日程にてお申し込みください。
 

商品レビューのご投稿ありがとうございます!



60代 / 女性

【角鍋 (大・小)】

開封して(大)の角とカーブした側面が美しく、鍋の厚みも相まって、イイなぁと見入ってしまいました。
(小) は、底から側への丸みが素敵で、使わない時も 見える所に出しておきたいです。
IH可も魅力でした、テーブルのカセットコンロで仕上げたりとか、料理にパンにお菓子、my七輪で外でも使えそう、趣きあり!
ワクワクする逸品です。[2018/11/30]




50代 / 女性

【角鍋 (大)】

商品の包装から開けて品物を見るまでのワクワク感。とても趣のある品物でした。作品といってもいいくらいの品格があり、家族で暫し見惚れてしまいました。[2015/11/22]

角鍋 (すき焼き鍋・鉄鍋) 小 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

角鍋 (小)  鈴木盛久工房

 
サイズ : 幅 23 × 奥行 19.5 × 深さ 4.5cm
重さ : 1,615g
素材 : 鉄 (IH使用可)
生産地 : 岩手県
 
◆ 化粧箱入り
  

20,000円 (税込 22,000円)

 
 


 
角鍋 (すき焼き鍋・鉄鍋) 大 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

角鍋 (大)  鈴木盛久工房

 
サイズ : 幅 25 × 奥行 21 × 深さ 6cm
重さ : 2,160g
素材 : 鉄 (IH使用可)
生産地 : 岩手県
 
◆ 化粧箱入り
 

23,000円 (税込 25,300円)

 
 

 

【初めてご使用になる前に】

 初めてご使用になる際には、水洗いをしたうえで1~2回お湯を沸かして慣らしをしてください。

【お手入れについて】

・洗う場合は常にスポンジや布など、柔らかいものをご使用ください。
・ご使用後はお湯でよく洗い、少し空焚きをして水分を蒸発させ、軽く食用油などを塗って風通しのいい所に
 保管してください。

【商品の特性・ご注意】

・残った料理を鍋に入れたままや、使用後に汚れたまま放置しておくと、鉄分により鍋の中の食品が黒変し、
 サビの原因となります。万が一サビが出た場合は、たわし等でこすり落とし、2~3回お湯を沸かした後、油を
 すり込んでください。長くご愛用いただくため、ご使用後はなるべく早めに洗って乾かすことをおすすめ致します。
・熱いままの鉄器を急に水に入れて冷やしたり、硬い所に落としたりするとヒビが入ることがありますのでご注意ください。
・ご使用中に持ち手(鉉)が外れないようにご注意ください。
・一つひとつ手作りされるため、同じ商品でも寸法や重量などに若干の差異が生じる場合がございます。
 おおよその”目安”としてご理解ください。

 
 
 
 
 
 

鈴木盛久工房 (すずきもりひさこうぼう)

 
江戸時代に南部藩が城を構えた城下町・盛岡の地で、400年続く南部鉄器の老舗。
鈴木家は、寛永2年 (1625) に、南部家の本国・甲州より御用鋳物師として召し抱えられて以来、藩の御用を代々勤めてきました。
昔ながらの伝統技法を受け継ぎ、様々な南部鉄器を作り続けています。
第13代鈴木盛久は、国の「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」
現在、「鈴木盛久」の名は、15代目の熊谷志衣子さんにより、継承されています。歴代の中で初の女性鋳物師ということで、注目を集める存在です。
 

▶ 鈴木盛久工房 取扱い商品一覧

  南部鉄器とは 

 
南部鉄器といえば、岩手県の代表的な工芸品です。
その歴史は古く、平泉藤原氏三代の頃より、刀剣、鉄香炉、釜などの鋳造が行われていましたが、17世紀中頃、
茶道に造詣の深かった28代南部藩主が、京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜を作らせたのが始まりといわれます。
盛岡の地は古くから砂鉄・岩鉄などの良質な鉄資源に恵まれ、川砂・粘土、漆、木炭など鋳物に必要な原料が
豊富に産出されたことも、この地で南部鉄器が栄えた大きな一因とされています。
「わび・さび」を重んじる心が生みだす独特の品格を持つ南部鉄器は、藩主の献上品として栄えた性格上、
美術工芸品的要素が強いという特質があります。

 南部鉄器の"茶托" いろいろ

「角鍋」におすすめの商品                   

「角鍋」におすすめの商品 

  • 瓶敷き / 鍋敷き (角) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • ドーナツ鍋敷き <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 籠 (カゴ) ご飯釜 2合 <4th-market> | 暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金 羽子板 (両面) 4番 / 6番 <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金 (箱型) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
  • 銅おろし金  薬味用 (羽子板 / ツル / カメ) <大矢製作所> | 暮らしのほとり舎
  • イチョウの料理べら (小 / 中 / 大 / 3本セット) <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
  • イチョウのまな板 (小 / 中 / 大 / 特大) <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
  • イチョウのまな板立て (2個1組) <双葉商店> | 暮らしのほとり舎
  • 箸置き(結び) 桐箱入5点セット <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 箸置き(8) 桐箱入5点セット / 紙箱入2点セット <能作> | 暮らしのほとり舎
  • ひょうたん箸置き <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 栓抜き 未 (ひつじ) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • 栓抜き 申 (さる) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • 栓抜き 酉 (とり) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎
  • マドラー <能作> | 暮らしのほとり舎
  • タンブラー <能作> | 暮らしのほとり舎
  • ビアカップ (M / L) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • ぐい呑み (金 / 銀) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 片口 (小 / 大) <能作> | 暮らしのほとり舎
  • 竹型酒器セット <能作> | 暮らしのほとり舎
  • ちょこっとトレー (無地 / 蒔絵) <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 干菓子盆 (無地 / 蒔絵) <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎
  • 天然木口盆 <岩本清商店> | 暮らしのほとり舎

 暮らしのほとり舎  - Blog -

東北


 

関東



 

北陸







 

近畿


 

四国

 

九州

 
 

営業日カレンダー
 
在庫につきまして | 暮らしのほとり舎
Magazine Press ~当店をご紹介いただきました~
リサイクルしています
 
角鍋 (小・大) <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

角鍋 (小・大)
鈴木盛久工房


Instagram Facebook Twitter