暮らしのほとり舎オンラインショップ トップページ

鈴木盛久工房 (すずきもりひさこうぼう) - 岩手県 -

鈴木盛久工房 取り扱い商品一覧 <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

 
南部鉄器 ・ 鈴木盛久工房 ロゴ | 暮らしのほとり舎

鈴木盛久工房は、江戸時代南部藩が城をかまえた城下町・盛岡の地で、400年続く南部鉄器の老舗です。
鈴木家は、寛永2年(1625)に、南部家の本国甲州より御用鋳物師として召し抱えれて以来、藩の御用を代々勤めてきました。現在でも昔ながらの技法を受け継ぎ、様々な南部鉄器を作り続けています。
「鈴木盛久」の名は、現在は15代目・熊谷志衣子さんにより継承されています。歴代の中で初の女性鋳物師ということで、注目を集める存在です。

鈴木盛久工房の鉄器は、どの商品も南部鉄器らしい古雅な趣と特有の風格を漂わせています | 暮らしのほとり舎

味わい深い錆色が魅力です <鈴木盛久工房> | 暮らしのほとり舎

南部鉄器といえば漆黒、というイメージがありますが、鈴木盛久工房の鉄器は、表面をお歯黒で着色することで生まれる味わい深い錆色が印象的です。
 
他とは違う色味や質感の表情、雰囲気が魅力です。
どの商品も南部鉄器らしい、古雅な趣と特有の風格を漂わせています。

  南部鉄器とは 

 
南部鉄器といえば、岩手県の代表的な工芸品です。
その歴史は古く、平泉藤原氏三代の頃より、刀剣、鉄香炉、釜などの鋳造が行われていましたが、17世紀中頃、茶道に造詣の深かった28代南部藩主が、京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜を作らせたのが始まりといわれます。
盛岡の地は、古くから砂鉄・岩鉄などの良質な鉄資源に恵まれ、川砂・粘土、漆、木炭など、鋳物に必要な原料が豊富に産出されたことも、この地で南部鉄器が栄えた大きな一因とされています。
「わび・さび」を重んじる心が生みだす独特の品格を持つ南部鉄器は、藩主の献上品として栄えた性格上、美術工芸品的要素が強いという特質があります。

商品レビューのご投稿ありがとうございます!



60代 / 女性

風花鉄瓶

とにかくお茶が美味しいです。
母がこちらに来て飲むお茶が美味しいと言ってくれます❗
白湯を飲んでみると……甘い❗
この前は残ったお湯でご飯を炊いてみました❗
食べ比べをしたわけではないのですが、いつもよりほっこりと美味しい感じがしました。💓
この鉄瓶の柔らかな佇まい的な感じがとても好きです❗ 画像[2020/06/19]




40代 / 女性

霰紋玉形鉄瓶蓋置 「万華鏡」瓶敷き / 鍋敷き (角)

stay homeで前から気になっていた鉄瓶でお湯を沸かして白湯を飲む事を毎朝の習慣に…

貧血でヘモグロビンが少ない体質で以前から鉄を摂取したいと…
鉄瓶は錆びさせてしまうのでは無いか⁈と敷居が高く中々購入に至らず…が、鉄瓶の取り扱いを知れば正しく取り扱えばそんなに難しいものでは無いとわかり我が家へ迎え入れる事にしました。

今でも充分口当たりが優しく鉄イオンたっぷりのお白湯だが、使い込む程に湯あかがついて更にまろやかになるのだとか⁈今から楽しみです。

梱包、対応丁寧でとても満足しています。有難うございました。[2020/06/01]




50代 / 男性

【日の丸形鉄瓶 (小瓶)】

待ち焦がれた鈴木盛久工房の「日の丸鉄瓶」開封するのももどかしく、春仕舞していた火鉢に炭をくべ、五徳の上に乗せてみました。一番小さな小瓶なので、五徳に乗らないかなと思っていたところ、ぴったりと収まりました。五徳の方が大きすぎて、見た目は良くありませんが。なんでも工房では小瓶を作るのは今回が最終だそうで、ギリギリ間に合ってホットしている所です。火鉢の時期ではありませんが、毎日使っていこうと思っております。コロンとしていて、姿形の可愛いいこと。鉄瓶独特のアラレ模様が無いのが、これまた好きなところです。 画像①画像②画像③画像④[2020/05/30]

鈴木盛久工房 取り扱い商品一覧

 暮らしのほとり舎  - Blog -

各地の手仕事・作り手 一覧

東北


 

関東



 

北陸







 

近畿


 

四国

 

九州

 
 

営業日カレンダー
 
在庫につきまして | 暮らしのほとり舎
Magazine Press ~当店をご紹介いただきました~
リサイクルしています